生協の宅配をはじめてみませんか?

トップページお宮参り−コラムお宮参り−拍手を打つ理由

お宮参り−コラム

神社で拝礼するときには、拍手(かしわで)を打ちます。

これは日本人が古来、
高貴な人に対しては喜びの感情をもって
手を打って敬意を表したことから来ています。

神さまに喜びの気持ちを持って手を打ってお参りすれば
赤ちゃんや家族を温かく見守ってくれるに違いないですね。

ところで、なぜ拍手を「かしわで」と読むかというと
「拍」を「柏」と間違えたからというのが通説とされています。

また、古くは柏の葉に食事を盛っていたことから、
祭りの食をつかさどる人やその膳そのものを「かしわで」
呼び、これをいただくときに感謝の意をこめて手を打った
ことに由来するとする説もあります。







トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔