生協の宅配をはじめてみませんか?

お宮参り−お礼

お祝い

一般的に出産祝いを贈っている場合が多いので、
あらためてお宮参りのお祝いを贈ることは少ないです。

贈る場合は、3千円程度を目安にします。

祝儀袋は紅白・蝶結び・のしつきのものを使い
表書きは「御祝」「祝御宮参」です。


内祝い

お宮参りのお祝いのお返しは特に必要ありません。
内祝いとして赤飯や菓子を贈ることはあります。

また、お宮参りのあとの挨拶回りは、
出産祝いをいただいた家の方に、
内祝いを贈りお礼をするという意味もあるようです。


妻が里帰り出産をした場合には、
お世話になった妻の実家にもお礼をするのが礼儀です。

滞在中にお世話になった生活費などとして現金を贈るか、
何かお礼の品を送るとよいでしょう。

両親以外にお世話になった人がいれば、
その人にも忘れずにお礼をしましょう。

妻が里帰りを終える日までに、夫が渡します。




昔はお宮参りのあとに、挨拶回りするのが習わしでした。

現在でも、赤ちゃんのお披露目の意味もあり、
祝っていただいた近くの親戚やご近所に
挨拶回りをすることはあります。

地方によっては挨拶回りを受ける家で、でんでん太鼓や
犬張子を用意して、祝い着の紐に結び付けて祝ったり、

近所の子供たちに仲間入りの意味をかねてお菓子を配ったり
する習慣のあるところもあります。